スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良

仕事で奈良に行きました

NARA1.png

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

屋根の配筋検査

先日、担当しているマンションの最上階の配筋検査に参りました

続きを読む

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

現場でタブレット

先日、現場で配筋検査の時に、初めてタブレットを使ってみました


昨年、タブレットを買ったのですが全く使っておらず、何かに利用できないかと思い、現場用での図面閲覧用にどうかと試してみたのでした

現場では平面図(伏図)と配筋図(断面リスト)を見比べることが多いのですが、紙だと前と後ろにバサバサめくりながら行ったり来たりするのでメンドウ。
タブレットだとそれが幾分解消されるのが便利でした

しかし
■雨では使えない (防水カバーでも買わない限り)
■乱暴に扱えない 紙なら落とそうが破れようが平気ですがタブレットはそうは行かない

など、一長一短な気がしました
客観的にはやっぱ紙には勝たない気が。。。(*o*)

まだ2回しか試してないのですがしばらく使いながら考えようと思っています

梅雨入りですね


今、池袋と目白の中央付近に住宅の現場を持っています。
写真はそこへ行く途中に取ったものですが、弊社で担当した目白駅前の、目白幼稚園。
設計したのはもう5年ほど前です

この写真は目白駅前の学習院大学、正門付近から取ったのですが、写真手前、現在工事の仮囲いがある部分は高層の商業ビル(ビル名:コマース)が建っていました。
しかし老朽化のため取り壊され、新ビルが立てられる模様です。

これより、かつてはこのアングルから我々の建物は見えず、今回初めて見ることになりました。「おを!こっから見えるんかい」と、ちょっとビックリです。



このところ、少しだけ時間に余裕があるため、また後期(9月)から始まる大学授業のための教科書を書いています。昨日はRC鉄筋の継手:重ね継手と圧接の項を書きました。

授業ではパソコン持ち込みでパワポ主体の授業ですので、時にはYOUTUBEを使ってVIDEOを見せたりもします。
圧接、スランプ試験、液状化などはYOUTUBEにいっぱいVIDEOがありますから、いくら言葉を重ねるよりそちらを見せた方が一目瞭然です。

VIDEO(映像)で授業をするなんて、昔では考えられないことです

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

杭打ちの立ち会い


 現在、横浜で、ある小さな工場の現場を受け持っています。

 カメラに使う、小さなプラスティックレンズを作る工場とのこと。
 設計は創設計 さま

 先日、最初の現場監理として杭の立ち会いに行きました。

 杭には小径の鋼管杭を用いています。

 建物上部構造は鉄骨の純ラーメン構造のシンプルなもの。

 現場は横浜の小机駅のそば。横浜スタジアムの駅です。


駅から敷地までは歩いて約30分。途中で田んぼの中を渡って行くのですが、田んぼの用水路にザリガニがいっぱいいてビックリ!まさに子供の頃以来でした。

僕は生まれは福岡ですが、まさか東京(横浜)で、野生のザリガニを見れるとは思いませんでした。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

山田誠一郎

Author:山田誠一郎
㈱dos 代表取締役 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。