fc2ブログ

東京造形大学

ひょんなことから東京造形大へおじゃましました

zokei.jpg
とある理由で、造形大で現在、准教授をされている、OCTOBER主宰の建築家、上田知正氏の授業を見学させて頂くことになりました。

上田氏には3年ほど前にRCの住宅「2501」の構造設計をやらせて頂きました。
(photo:平井広行氏)
2501.jpg
(コチラのページ、workのイチバン左、2501。
  Sekino Architects と共同設計。)

大学の授業なんて、まさに自分が大学を卒業して以来!
しかも美大!
見学とは言え、ヒジョーにドキドキでした。

「東京造形大」といえば磯崎さんがやったんだよな~くらいしか知りませんでした。(冒頭の写真)
しかしいざ到着すると、以外にもローコスト建築なんだな~ということに気づきました




上田氏が担当する授業は設計演習。主に2年生の生徒さんです。
今日は後期の第1回目の授業。後期の半年かけて「斜面地に立つ別荘」を設計するとのことでした。
今日は、これからの授業の大まかな流れの解説(ガイダンス)でした。



ちなみに、「大学の授業」と聞くと、私の頃は教授が黒板にチョークで板書き。。。としか思い浮かびませんでしたが、今日びの授業はなんとパワーポイントとのこと! めちゃくちゃビックリしました!

パソコンが発達した現在、言われればまーそうかもなー。。とも思いますが、社会人やってると、そんなこと言われなきゃ気づきません!ヒジョーにビックリ!カルチャーショックでした。



ガイダンスは意外とすぐ終わったので、残りの時間を利用して、課題設計の参考となりそうな、現実の現代建築の写真を用いたスライドショー。
その写真を生徒さんに見せながら上田氏がコメントを加えて解説していきます。

ここで「ヤマダさんも適宜コメントしてください」と言われ、え~オレが?とびっくりしながら、急きょ構造担当コメンテータに! 
聞いてないよ~!ビックリです。

スライドショーに登場したのはただ今売出し中、TNA武井誠氏設計の別荘や、最近死去したイアン、カプリッキー氏が率いていた"Future systems"設計の別荘:house in wales :など。

吉永小百合さんがアクオスのCMで出ていたヤツですね。

Jan kaplickyのfuture systems。ダイスキだったのですが、チョーザンネンです。
Future systemsは消滅となり、今は奥さんのAmanda Leveteさんが事務所を引き継いでるようです。



それはさて置き、コメンテーターの仕事。
アドリブでコメントを入れなければいけないのでカナリ緊張。さながらTVのワイドショーのコメンテーターの気分を味わいながら(大げさ)「ここで言うべきことは。。」とアタマをフル回転させました

ただ、話す相手はまだ建築の知識があまりない学生さん。
聞く側がわかるようになるべく専門用語を使わず、噛み砕いてしゃべろうと心がけましたが、自分的にはイマイチだった気がしました。

ひとつ運が良かったのは、建築オタクの私、スライドショーに出てくる建築は、ほぼ知ってるのばかり。。
「あ~アレか~」と思いながら「たしかコレは◯◯なんだよな~」と考えることが出来ました。
芸は身を助く、とは正にこのこと。
大学以来、新建築欠かさず読んどいて良かった。
(一回も買ったコトないことは秘密)




そんなこんなでスライドショーをしているうちにあっという間に授業終了のチャイム。

大学の授業なんて、今の私の日常からは全くかけはなれた世界だったので、ヒジョーに新鮮な世界でした






スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

山田誠一郎

Author:山田誠一郎
㈱dos 代表取締役 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR