FC2ブログ

プリベンディング

net のおまとめサイトに興味惹かれる記事がありました



らばQという、世界の面白よもやま話をまとめるサイトがあるのですが、こちらの記事に、興味深い写真がありました。



圧縮に耐えられないはずのひもが直立しています!周囲には曲げられたプラスチック板が。。

これは魔法。。? 手品。。。?

いやいや、そんな訳はありません。

「物理って楽しい」という記事のタイトルとなっていますが、これは一目瞭然、力学の問題です。
さっそく力学のプロの意地をかけて検討、分析アナリーゼ・モードに!




(---- 1分後 ----)

これは。。つまり「プリベンディング」です!

「プリベンディング」とはあまり聞いたことがない言葉かもしれません。

プレテンション(プリテンション)なら馴染みがあるかもしれません。これは部材にあらかじめテンション=引張力を入れたものです。
それと同様にプリベンディングとは、部材にあらかじめ曲げモーメントを入れたもののことです。
わかりやすく言うと、あらかじめ部材を曲げておく、ということです。
その曲げた部材が戻ろうとする力を利用するということです。

プラスチック板にこのプリベンディングが入れられており、この結果ヒモは引っ張られて自立しているのです。





その仕組は以下です

下図に示すように、プラスチック板はいわば無理矢理曲げられており、まっすぐに戻ろうとします。(左 → 真ん中)
これがプリベンディングです。

その結果、プラスチック板の両端を結ぶヒモは引っ張られることとなります(右図)




上記が基本ユニットの状態です。

そして複数の構成:自分より上の部分の重量の伝達は以下となります。

下図で、プラスチック板Bの途中にプラスチック板Aがつながっています。
板Aの重量は板Bのひもの途中にかかり、ひもを緩ませようとしますが、板Aの重量Wより、ひもに作用している引張力Tの方が大きい:T>Wなので(そのような引張力を入れておく)ヒモが緩むことはありません。

この結果、板Aの重量は逆に上に登って、板Bを経由して下方に伝えられます(W’)

これらが繰り返された結果、フレーム全体が成立し、ひもは緩まないのです。
最後は板が地面に接して重量を地面に渡す、というワケです。


ひも全体が直立して倒れない件に関しては、記事内にあるように、板を3枚としている側に全体が倒れようとするので、そちら側に安定版となる扇状のCD板付けています。

ロシアの人のBLOGが元ネタのようですが、遠く離れたところでこのようなことを考えている人がいるのだ、と思いました。





ユーモラスな形態で余り見たことがない形です。
プリベンディングはまさに部材が曲がっているので、建築にはあまりそぐわない形態かもしれません。

しかしタワーや、オモチャとしてなら可能な気がします。



ペットボトルと靴紐があればすぐ作れそうとのこと。
早速やってみようと思います!(今チョット忙しいのでもう少し後で。。。(^^;)


スポンサーサイト



テーマ : 創造と表現
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

プロフィール

山田誠一郎

Author:山田誠一郎
㈱dos 代表取締役 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR