スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学の先生

私、2012より東京造形大学の構造力学の講師をやっていましたが、
今期(2017 12)までで辞任させていただきました


6年、担当致しました

大学で学生に教えるというのはなかなかタイヘンなものでした

何と言っても建築構造にはムズい言葉がヤマほど出てきます
これをそのまま言う訳にはいかない。
何とかわかりやすいように噛み砕いた上で伝える必要があります。

そんな中で多用したのがやはりたとえ話。
あるとき数えたら全部で20個以上!ありました

例えば。。。
・建築家、構造家、設備家のコラボをジャズトリオに例えたり。。
・外力、内力、反力の力の流れを人が食べ物を取って、中で消化して。。。とか
・梁のI(アイ、断面二次モーメント)が足りないと梁はたわんでしまいます。
 人もアイ(愛)が足りないと心がへこんでしまいますね♪とか。

あとは反力とは動かないように止める力、とか
せん断力とは棒の直角方向に働く力とか。。

脳に残りやすい表現を考えました

心理学で知の呪縛というのですが
人は一回、あることを知ってしまうと
それを知らなかったときの気持ちに戻ることはできません。
一度、知ってしまうと、もう知らない人の気持が分からないのです

僕は勝手に「無知の無知」と呼んでました
(相手が、分からない、ということが自分が分かっていない)

その結果「なんで分からないの?」なんてことを言って傷付けてしまいます
これより、そうならないようにアタマをフル回転させながら
専門用語喋ってないか?とchkしながら授業でしゃべっていました

このように授業準備のかなりのパワーを「これでわかってもらえるか?」という、
言葉を噛み砕く作業に費やしました

その他にも授業の合間、リラックスタイムとしてのスライドショーを作ったり。。

日頃の構造設計の仕事と、学校で教えるのでは、
同じ「構造設計」という「素材」を使いながらも、
全く別物のようでした

言ってみればダイコンを材料として
それでブリ大根を作るのか、
それともそれを野球のバットに使うのか、という程の違いがありました
(これも喩え)

vri.png


しばらくはゆっくりして
最近行ってないネコカフェにでも行こうかと思っています

cat22.jpg






スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

山田誠一郎

Author:山田誠一郎
㈱dos 代表取締役 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。